■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切

墓地の管理状態などを実際に購入する前には必ず確認をしておくようにしてください。
緑地の手入れ具合、そして歩道の整備、トイレや給水施設などの共有部分のチェックは怠らないようにしましょう。当然のことですが山頂の墓地や坂道が多い霊園はお墓参りが大変となってしまいます。
墓地の地形は当たり前のことですが、日当たりや気候環境、または周辺の環境調査も事前に行なっておくようにしましょう。墓地選びにおきましての重要なポイントとしまして立地条件は欠かすことが出来ません。
お参りを継続していくことがお墓を建てる本来の目的とも言えるのですから、お参りが苦になるような霊園は避けるべきです。 もしこれから霊園を探そうと考えているのでしたら、霊園の種類について理解をしておくようにしてください。
自治体や民間など霊園によって管理者が異なっていますので、そのメリットやデメリットについても勉強しておきましょう。



■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切ブログ:20190115

高校生のとき、
夕食前にアニメを見ながら、
ぼくはいもうととママと一緒になって大笑いをしていた。

するとすでに食卓についていたお父さんに
「こんなもの一体何がおもしろいんだ!!」
と怒鳴られた。

お父さんの虫の居所が悪いとこんなもんだった。
かと言って、機嫌が良くても
テレビを見て声をあげて笑うお父さんの姿など見たことがなかった。

おもしろいと思っているときは、
ほんの少しニヤッとクチの端をほころばすだけ。
おもしろいことがあっても、
大声でゲラゲラ笑うなんてみっともない!と
お父さんは常々思っていたのだ。

8年前、
65歳で定年を迎えたばかりのお父さんが突然胃がんを患った。
そしてこの8年の間に、
ガンは肝臓に転移し、お父さんは合わせて3回の手術をした。
現在は、手術ができない部分への抗がん剤治療を行っている。

1週間位前、
お父さんは一ヶ月に一度通院している都内の病院に
一人で出かけて行った。

夕方、人形焼のお土産を手に帰宅したお父さんに
「浅草に行ってたの?」を聞くと、
「ああ、寄席を観てきたんだ」と言った。

そういえば、少し前にテレビで
「笑うことは免疫力アップになり、ガン患者にとっては体に良い」
という特集をやっていた。
どうやらそれを見て、寄席で笑ってこようと思ったという。

ぼくは、浅草の寄席に一人で出向き、
知らない人達の中で落語や漫才をみて笑うお父さんの姿を想像してみた。

きっと周りからみれば笑ってなんかいないだろう…
クチの端を少しほころばし笑っているつもりのお父さんが、
大声で笑う周りの観客の幸せそうな声につつまれて、
一緒に楽しんでいたのかもしれない。
それはきっとお父さんの免疫力アップにつながったにちがいない。