■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する

■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する


■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する
寺院墓地というのは、一般的に檀家になることがありますので、寺院の宗教の信徒であることが最低条件となります。
最近においての寺院墓地には他宗派の信徒も受け入れるところもありますが、一般的には仏教だけというところが多くなっています。民営霊園というのは、宗教や宗派不問で運営と管理をしているのが一般的となっています。
ただし事業主体が宗教法人の場合におきましては、仏教以外の人は受け入れてもらえない時がありますので注意が必要です。かなり気に入った霊園や墓地が見つかったとしましても、宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがあります。
公営霊園の場合におきましては、宗教や宗派の制限がほとんど無く宗教を問われることはありません。 霊園というのはその地域と管理状況などによって権利を買う価格が大きく異なっています。
どんなに安い霊園だったとしましても、ほとんど管理をしてくれないような霊園では後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。




- 注目サイト -

LED電光看板チェック
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板おすすめ


■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在するブログ:20190305

中国人の好きな人にプロポーズされたのは
大学卒業の直前だった。

お母さんは反対した。
彼が気に入らないからではなく、中国が遠いからだ。

お母さんも田舎出身のパパと結婚するとき、
同じような理由で祖母に反対されたそうだ。
また、一人むすめのぼくを遠くへ嫁がせたくないのも本音であった。

そんなお母さんの気持ちを心の奥底にしまい込み、
ぼくは卒業と同時に中国人の好きな人と結婚した。

新婚生活は貧しかったが、平穏で幸せだった。
ぼくはこれまで勉強一筋で料理、家事に無縁だった。

旦那はそんなぼくによく辛抱してくれ、
休日には台所に入って料理もしてくれた。

旦那の自慢料理は、
仲間の間でかなり人気のある焼き餃子だ。

しかし、
その餃子を食べると無性にお母さんの味が恋しくなった。
記憶を辿りお母さんの料理姿を思い出しながら作ってみたが、
餃子は穴が開くし、肉まんは膨らまない…
何一つうまくできなかった。

90年代初期の中国の一般家庭には
電話もファックスもなく、日本からの国際電話の料金は非常に高かった。

一ヶ月に一回だけ決まった時間に
お母さんの勤務先へ電話をかけた。
日本の生活の様子、両親の近況など聞くだけで
あっという間に60分が経ってしまう。

当時、60分の国際電話料金は約1万円で、
薄給のぼくたちにはかなりの出費だった。
ぼくの郷愁を癒すには惜しくなかったが、
レシピを聞くにはもったいなかった。

「何を食べているの?」とお母さんは毎回聞く。
料理のできないむすめのことが心配だったのだろう。
「スーパーへ行けば何でもあるから、便利よ」と
ごまかすことしかできないぼくだった。

■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する

■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する

★メニュー

■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する
■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切
■お役立ちメニュー:設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
■お役立ちメニュー:霊園の管理状況や環境などを確認
■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園
■お役立ちメニュー:自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する
■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い
■お役立ちメニュー:指定石材店制を導入している多くの民間霊園
■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないために


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰もが悩むであろう霊園探し