■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園

■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園


■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園
都心で非常に便利なエリアにある公営墓地というのは非常に人気が高くなっており、何年経過をしたとしても入手することの出来ない人が多数いらっしゃいます。
募集時期や応募資格、さらには応募方法等に関して、各自治体の霊園課などに確認をしましょう。公営墓地というのは自治体によりまして募集方法は多少異なってはいますが、新聞などで年一回公募されることによって抽選により入手者が決定されることとなります。
募集対象となるのは、まだ一度も埋葬されていない遺骨のある人とされ、その自治体に本籍や現住所の持っている人限定となります。各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるためには、そのお墓を使用することとなる権利を取得する永代使用料が必要なのですが、公営墓地の場合におきましては、民営の墓地と比べて、永代使用料や年間管理費が安価となっています。 お墓というのは、まず最初にお墓を建てることとなる雰囲気の良い霊園選びから始めることとなります。
基本的な考え方としましては、交通アクセスの良い場所を選ぶことが一般的となります。




■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園ブログ:20190118

僕は普通とは少し違う育ち方をした。
僕は幼い頃に養子縁組された。

養父母、養祖父母、みんなが僕を気にかけて、
僕を思い、大事にしてくれた。
僕は幸せだった。
でも…

自分は養女なのだと知った、
その日の記憶は、
今でもおぼろげに残っている。

「そうなんだ、ふぅん…」
まだ、僕は小学校に上がる前だったように思う。

幼いながらに動揺し、
その心の揺れを感じ取られまいと、
気丈に振舞った記憶がある。

事実を知った日から、
周囲に遠慮や義務感を覚え、
みんなを悲しませてはいけない…
僕はそう思って生きてきた。

育ての両親にも、産みの両親にも気を使う自分にうんざりし、
どうして自分はこんな境遇なのかと憤ったが、
そんな気持ちは押し隠してきた。

そして今、
子育てに追われる日々、
時折、幼少の頃の僕が顔を出す。

いまだに過去にとらわれている自分を情けなく思うが、
本当はまだ、過ぎ去ってはいないのだ。

僕の思いは現在に続いていて、
永遠に満たされることはないのだろうか…と、
鬱な気分に陥る。

2週間前、夫婦喧嘩をした。

旦那は、
「釣りに行ってくる」と言い残し、
さっさと気分転換に出掛けてしまった。

僕には子供がいる。
僕のそばを一時も離れない。
僕はここでじっと我慢するしかないの!

旦那に対する怒りは、
やがて、自分の過去への憤りに変わった。

23時遅く、電気を消し、
そして、泣けるだけ泣いた。

しばらくして、
ふと…何か温かい風が吹いたように感じて顔をあげると、
3歳になるムスコがそこにいた。

うずくまり、
ミノムシみたいな格好で泣いている僕の顔を覗き込み、
ムスコは両手を広げて、
ぎゅうっと抱きしめてくれた。
■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園

■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園

★メニュー

■お役立ちメニュー:メリットが多い民営の霊園を利用する
■お役立ちメニュー:立地条件は霊園選びで大切
■お役立ちメニュー:設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
■お役立ちメニュー:霊園の管理状況や環境などを確認
■お役立ちメニュー:公営墓地は自治体が管理をする霊園
■お役立ちメニュー:自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
■お役立ちメニュー:宗教に関する問題が管理者によって存在する
■お役立ちメニュー:お墓をローンで購入するケースが多い
■お役立ちメニュー:指定石材店制を導入している多くの民間霊園
■お役立ちメニュー:霊園選びで失敗をしないために


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰もが悩むであろう霊園探し